主業
調理スタッフのしごと

飲食サービス業生活関連サービス業・娯楽業

しごとコンパス

コンパスとは?
  • コンパスとは 1/3

    PARASUKUでは、ワーカーとしごとのより良いマッチングを図るため、
    マッチングの指針となる9つの要素を「コンパス」として定義。
    ワーカーは自身のコンパス、企業はしごとのコンパスをそれぞれ作成します。

  • コンパスとは 2/3

    コンパスは3×3のマス目で表しています。
    「理由」と「理想」から成る横軸は時間軸(意味軸)、「仕事」と「相手」から成る縦軸は空間軸(関係軸)、
    四方の角はそれを補完する要素になっています。

  • コンパスとは 3/3

    しごとコンパスはしごと詳細ページで、
    ワーカーのコンパスは応募された企業だけが見ることができます。
    個人のコンパスとしごとのコンパスを重ねて、ぜひ相性の良さそうな仕事や人材を見つけてみてください。

仕事の紹介

日本は、諸外国と比べて、四季の移り変わりがはっきりした国です。その中でも、とりわけ山形県置賜地域は、春夏秋冬の変化に富んでいると言えます。

この置賜地域の四季の変化を6つに分けて「山形六季」とし、その瞬間々々の旬を提供するレストランがあります。

「地域の魅力をグローバルに発信する」という想いの下、南陽市赤湯でフレンチを提供するのは、6DINING テラス・ルヴァン・アカユです。ここでは、地域の魅力を形にする調理スタッフを募集しています。

「置賜は、厳しくも、自然豊かな大地です。育まれる作物の多様性はもちろん、旬の食材だけでなく、保存食といった、この土地の人々が培ってきた知恵がたくさんあります。これだけ食文化が豊かなのは、それに相当する季節の変化があるからだと思いますし、それは世界的に見ても、とても魅力があるものだと思います。」

そう語る、6DININGのオーナーである堀江守弘さんは、スキーオリエンテーリングの日本代表として海外で活躍し、都内で就業されていました。故郷である山形に戻り、レストランを始めるにあたって、改めてこの地域の魅力に気づかれたようです。

「地元の人だからこそ、見落としてしまっているものって、本当に多いなと思っています。加えて、謙虚な県民性もあって、上手に発信できていないこともあるように感じます。だからこそ、魅力の原石を磨きデザインすることで価値を高め地域の人々にも再認識してもらいたいと考えています。」

そう自信を持って言えるのは、メインシェフを務める嵯峨久裕さんへの信頼が大きいからでしょう。嵯峨シェフは、料理コンテストで入賞経験もある方で、地域食材への大きな関心と柔軟な発想を併せ持ったクリエイティブな料理人です。

「例えば、『ひょう』という食材は、置賜地域では、畑の畦道や道端に生えているぐらいありふれたものです。地元では、主に、それを干して、保存食として食べているのですが、他県の方に、この話をすると『道端に生えている雑草を食べるの?』と驚かれます。でも、それも雪深い地域ならではの特色ある食であり、文化なんですよね。そのことをお客様に知ってもらうと、食べた時の味わいがさらに深まり、大変喜んでいただけます。」

「また、例にあげた『ひょう』も、地元では、湯がいて醤油で食べることがほとんどで、他の料理方法はあまり知られていません。それを、フレンチという視点から調理することで、地元の方も気づかなかった魅力を発見することができるんです。自分たちが何気なく食べていたものが、幅広く料理に使え、可能性がまだまだあると思うと、とても誇らしく感じられますよね。」

resized_1611540576_1.jpg

6DININGが実践していることは、料理の提供だけでなく、地域の魅力の発信にも繋がっています。食を通して、地元の人も、県外の方も、地域が持った文化の奥深さに気づく。それが、堀江さんが言う、デザインすることで価値を高めるということなのでしょう。

「他にも、生産過程で廃棄される食材などにも目を向けています。例えば、出荷用の人参を大きく育てるために、間引かれてしまう人参があります。生育途中で間引かれてしまうのですが、ただ見た目が小さいだけで、味も、栄養価も、立派な人参です。これも食材として活かすことができ、フレンチとして提供することができます。」

そう言ったアイデアも、嵯峨シェフの発想があってのことですが、生産者との信頼関係による恩恵もあるようです。

resized_1611540936_1.jpg

6DININGでは、「山形六季」にちなみ、2ヶ月毎にランチメニューを変えているのですが、その試食会に生産者の方を招いるそうです。スタッフだけの偏った意見になってしまわないようにということもありますが、何よりも、食材を提供してくれている方への感謝の思いがあるようです。

このような交流が、さらに埋没してしまっている地域の宝を発見するヒントになっていくのでしょう。

料理の技術向上だけでなく、探究心のある方、また、地域を一緒に盛り上げていきたいなと思われた方のご応募をお待ちしています。
(文:池田将友)

6DINING公式ページはこちら

facebook_icon.png Instagram_icon.png

しごとパラメーター

雇用形態契約社員(正社員への登用あり)
勤務日数毎週水曜休み・応相談
勤務時間9:00~21:00の間で8時間・応相談
勤務地住所山形県南陽市赤湯3127-1(TERRACE RUBAN Akayu)
希望スキル調理、やる気
報酬月給181,000円~
社会保険あり
手当通勤手当など
賞与なし
応募条件未経験でもやる気のある方、大歓迎
その他特になし

このしごとに関する ご相談

担当コーディネータースタッフ

高橋直記