主業
イベントプロデューサーのしごと

農業飲食サービス業

仕事の紹介

将棋駒の日本一の生産地として知られる山形県天童市は、さくらんぼの名産地でもあります。今回伺ったのは、その名も「王将果樹園」。この果樹園を運営する株式会社やまがたさくらんぼファームでは、イベントプロデューサーとなってくださる方を募集しています。

果樹園のイベントプロデューサーとは?
いったいどんなお仕事なのか、社長の矢萩さんにお話を聞きました。

「お客さんと近づくために、アンケートをとってみたり、レセプションや試食会をやってみたり、そういうところで指揮をとってくださる方ですね。なかなか専門の人材を置ける分野ではありませんでしたから、得意な方に来ていただけるとありがたいです。」

イベントやアンケートを行い、その結果を次の商品開発にも生かしていくという良いサイクルを回していきたいと言います。王将果樹園はこれまでにも、カフェを併設したり、オリジナルのロゴやパッケージを作ったりと、ブランディングに力を入れていることが特徴です。

「心がけているのは、やっぱりお客さんと直接つながるということです。ただのさくらんぼでなく、『どこから来たさくらんぼなのか』お客さんに認知していただくことが出発点だと思っています。」

王将果樹園がお客さんを惹きつける理由のひとつになっているであろうデザイナーズショップ&カフェ。実は、さくらんぼを無駄なく美味しく食べるためのアイディアから生まれました。

農業も観光もやるのがうちの得意なところなので、予約が入っている限りさくらんぼを残しておかないといけないんです。ただ、その年の状況によっては、柔らかくなりすぎて出荷できなくなってしまうことがあります。それはもったいないなと思っていまして。

そこで、果実の部分だけ収穫して果汁に加工すると、賞味期限が1年くらいに伸びるんです。その間にソフトクリームにしたり、ソフトクリームから今度はパフェを作ったり。そういうふうに商品を展開していったのが始まりです。

もともとは県外や海外のお客さんが多かったそうですが、面白いのはカフェを始めてから県内のお客さんが増えたこと。さくらんぼ狩りをしないという人も、スイーツになると不思議と食べたくなるというのは、何となくわかる気がします。

「今のお客さんって、その日たまたま近くを通ったから寄ってみるということは少なくなっているように感じます。前もって『今日はここの果樹園に行く』と決めてきます。そういうときに、さくらんぼ狩りだけよりも、ショップもあってカフェもある方が選ばれやすいのかなと思いますね。」

resized_1603875697_1.jpg

これまで、「日本一のさくらんぼ観光果樹園」を目標に、世界中の人々に果物の美味しさを届けてきた王将果樹園。しかし、これからはどんどんお客さんが増えていく時代ではないと、矢萩社長はおっしゃいます。

特にECや通販ではライバルがいっぱいいて、価格競争になるのは目に見えています。そういうところも大事なんですが、一方でこの場所に時間をかけて来てくれるお客さんを大事にして、来てくれる回数を増やしていきたい。そのために、直接お客さんと話してキャッチボールできる機会を作った方が良いのではないかと思ったんです。

イベントプロデューサーとなってくださる方は、必ずしもバリバリとイベントの仕事を経験してきた方でなくても大丈夫とのこと。このコミュニティの中で、人を喜ばせることをやってみたいという方のご応募をお待ちしています。

最初からドーンと大きいイベントをやって欲しいという気持ちはありません。10人や20人規模で最初は良いと思っています。人を『喜ばせた』経験値はあった方が良いですが、基本的にこれだけやれば良いという専門職はあまり作りたくないんです。できれば農作業もやれる、カフェにも入れる、電話も取れる。その中でイベントに尖った方が良いですね。」

イベントを仕掛けるにも、みんなで「もてなそう」という方向にもっていくことが大切になってきます。王将果樹園に伺って嬉しかったのが、スタッフのみなさんが声をかけてくださること。お客さんと接するのが好きな方が多いのではないかなと思いました。

<2019年に撮影>

「そうですね。あとはマニュアルでガチガチしてないです。本当はあった方が良いのかなとも思いますが、それだと個性が生きないというか…。山形弁で話しても良いだろうし、『どこの蕎麦屋さんがおいしい?』とかよく聞かれますが、そのときどきの答えで良いだろうと思います。やっぱり、そのお客さんに合わせたものを提供するということですね。」

こちらとしても、採れたときの嬉しさだけでなく、売れたときの嬉しさ、喜んでもらえたときの嬉しさ、いろいろ味わえる方がモチベーションになりますよ。

今回募集するイベントプロデューサーのしごとは、今まで王将果樹園にはなかった職種です。マニュアルは、もちろんありません。新しいイベント、新しいサービス、そして、新しい仕事、新しい働き方を相談しながらつくっていくことになると思います。

クリエイティブな農業のしごと、気になった方はぜひ。
(文:色摩ゆかり 2019/6/9に取材)

王将果樹園オフィシャルサイト

twitter_icon.png facebook_icon.png Instagram_icon.png youtube.png

しごとコンパス

コンパスとは?
  • コンパスとは 1/3

    PARASUKUでは、ワーカーとしごとのより良いマッチングを図るため、
    マッチングの指針となる9つの要素を「コンパス」として定義。
    ワーカーは自身のコンパス、企業はしごとのコンパスをそれぞれ作成します。

  • コンパスとは 2/3

    コンパスは3×3のマス目で表しています。
    「理由」と「理想」から成る横軸は時間軸(意味軸)、「仕事」と「相手」から成る縦軸は空間軸(関係軸)、
    四方の角はそれを補完する要素になっています。

  • コンパスとは 3/3

    しごとコンパスはしごと詳細ページで、
    ワーカーのコンパスは応募された企業だけが見ることができます。
    個人のコンパスとしごとのコンパスを重ねて、ぜひ相性の良さそうな仕事や人材を見つけてみてください。

しごとパラメーター

雇用形態業務委託
勤務日数応相談
勤務時間応相談
勤務地住所山形県天童市大字川原子1303番地
希望スキルイベント企画経験歓迎
報酬応相談
社会保険-
手当-
賞与-
応募条件特になし
その他特になし

このしごとに関する ご相談

担当コーディネータースタッフ

高橋直記