副業
【採用決定】山形土産の企画・開発のしごと

卸売業小売業
募集停止中

しごとコンパス

コンパスとは?
  • コンパスとは 1/3

    PARASUKUでは、ワーカーとしごとのより良いマッチングを図るため、
    マッチングの指針となる9つの要素を「コンパス」として定義。
    ワーカーは自身のコンパス、企業はしごとのコンパスをそれぞれ作成します。

  • コンパスとは 2/3

    コンパスは3×3のマス目で表しています。
    「理由」と「理想」から成る横軸は時間軸(意味軸)、「仕事」と「相手」から成る縦軸は空間軸(関係軸)、
    四方の角はそれを補完する要素になっています。

  • コンパスとは 3/3

    しごとコンパスはしごと詳細ページで、
    ワーカーのコンパスは応募された企業だけが見ることができます。
    個人のコンパスとしごとのコンパスを重ねて、ぜひ相性の良さそうな仕事や人材を見つけてみてください。

仕事の紹介

「山形土産を……」と、売店を覗くと、『樹氷ロマン』という商品を目にしたことがある方は多いと思います。ちょっと硬めのウエハースで甘いクリームを挟んだ、食感がとても良いお菓子です。もう、かれこれ、40年以上もロングセラーとなっている商品で、開発したのは卸売業を営む株式会社加藤物産です。

「主な仕事は、観光施設、商店、旅館やホテルの売店などで販売しているお土産品などを卸すことです。旅情を感じたり、思い出話に花が咲くようなお土産品が、一人でも多くの方の手に届けば、山形のことを広く知ってもらえ、訪れてくれる方が増えてくれると、昔から続けている商売です。」


地元山形の魅力を発信していくために、直向きに卸業を続けて来た企業の二代目である小川淳さんには、常に心掛けていることがあります。

「私達の業界は、関係する人たちが盛り上がることで、必然的に業績が伸びる仕事です。卸した先が賑わうことが一番大事で、私達がどのように関われば、町の経済が回るのかと常に考えています。
お取引先様や購入していただいたお客様の声を聞き、何が求められているか、何が悪かったか、それを受けて必要とされているものを提案したり、話題性のある商品をお届けしたりと、すぐにフィードバックするようにしています。」

「自分たちは、黒子であると思っています。直接お客様に対応して下さる方たちが笑顔で楽しく仕事ができるよう、陰ながら支えることができればと心掛けています。 でも、実は逆で、私達が支えているようで支えてもらっているんです。あの商品良かったよ、喜ばれたよ、美味しかったよ、そういった”ありがとう”が背中を押してくれます。


お客様の要望があれば、どんなものでも用意するという精神で、食料品のみならず、工芸品や子供用の玩具など、現場のニーズに応えてきた加藤物産は、まさに縁の下の力持ちという存在です。誰かがやらなくてはならない仕事に就いていることに、誇りとやりがいを感じていると小川さんは語り、会社で働く社員全員にも、同じようにやりがいを感じ、学びと喜びを得てもらいたいと考えているということでした。

これまでの商売は三方良し(売り手、買い手、世間の三方が良いこと)で良かったが、これからの時代では、働く社員の家族にもいい影響が生まれる『四方良し』でいなければならないと、これからの会社の在り方を模索しているということです。

その一つに、新商品の開発があります。

「近年のお土産産業は、商品のサイクルがとても早いです。巷のトレンドを抑えた新商品がすぐに開発されるのですが、翌年にはなくなり、また新しい商品が開発されるという状況です。
売れる流行物を商品化するのは当たり前ではありますが、その分、寿命が短い商品が多いことも気になっています。」

「想いとしては、『樹氷ロマン』のようなロングセラーになる商品が生まれて欲しいですね。何気に『樹氷ロマン』と私は同い年なので、特に思い入れが強いです。
お土産も人と同じで、長く販売されることで育っていくものと考えています。味や食感を少しずつ変化させたり、パッケージや包装を変えたりと、お客様の声を受け、やがて町の顔になる商品に成長し、また長く愛されていきます。

resized_1614573316_1.jpg

『樹氷ロマン』も、当初は冬限定のお土産でしたが、沢山のお客様の声によって、通年求められる商品に成長し、山形を代表するお土産品の一つになれたということです。
そんな思いがある加藤物産では、新商品を共に考えて、作ってくれる方を募集しています。

「例えば、食品類ですと、価格や最低ロット数だけでなく賞味期限という大きな壁があります。業界にいる人間にとっては、それらのリスクを第一に考えてしまうので、中々、飛躍した発想が生まれません。だからこそ、外からの視点を持って、柔軟なアイデアで、山形の魅力を発信できるような商品企画を募集しています。
制約が多い中、みなさんのアイデアと私達のノウハウを合わせることで、息が長く、愛される商品が生まれればと思っています。

「対価については、完全成果報酬型にしたいと考えています。商品の価格にもよりますが、1個売れるにつき●円というふうに予め決めておきます。そうすることで、企画をして下さった方はリスクをかぶる必要なく、売れれば売れるほど対価が支払われるという仕組みなので、比較的モチベーションが高い状態でコミットしていただけるのではないかと。弊社としてもリスクを抑えられますしね。」

ここ近年は、取引先のためにできることを充実させていくことの他、ECサイトを立ち上げ活用するといった、時代の動きに沿った事業展開を行っています。その視野の先には、様々な企業との連携といった構想もあります。
卸売業社として、町全体の景気回復を見据えた動きを実践している加藤物産に興味のある方は、ぜひ、ご応募下さい。
加藤物産コーポレートサイトはこちら

(文:池田将友)

しごとパラメーター

雇用形態業務委託
勤務日数応相談
勤務時間応相談
勤務地住所山形県上山市新金谷826番地1(リモート可)
希望スキルブランディング・マーケティング・デザイン等
報酬完全成果報酬(1個売れるにつき●円)※金額は商品価格による
社会保険なし
手当なし
賞与なし
応募条件山形が好きな人。山形愛をお土産という文化として残したい人。
その他特になし

このしごとに関する ご相談

担当コーディネータースタッフ

高橋直記