主業
離島を紹介するツアーガイドのしごと

宿泊業飲食サービス業生活関連サービス業・娯楽業

しごとコンパス

コンパスとは?
  • コンパスとは 1/3

    PARASUKUでは、ワーカーとしごとのより良いマッチングを図るため、
    マッチングの指針となる9つの要素を「コンパス」として定義。
    ワーカーは自身のコンパス、企業はしごとのコンパスをそれぞれ作成します。

  • コンパスとは 2/3

    コンパスは3×3のマス目で表しています。
    「理由」と「理想」から成る横軸は時間軸(意味軸)、「仕事」と「相手」から成る縦軸は空間軸(関係軸)、
    四方の角はそれを補完する要素になっています。

  • コンパスとは 3/3

    しごとコンパスはしごと詳細ページで、
    ワーカーのコンパスは応募された企業だけが見ることができます。
    個人のコンパスとしごとのコンパスを重ねて、ぜひ相性の良さそうな仕事や人材を見つけてみてください。

仕事の紹介

⼭形県唯⼀の離島である「⾶島」。近年ジオパークにも認定され、ウミネコやイルカ、サメなどの動物、トビシマカンゾウなどの植物などが観察できる”アドベンチャー離島”です。今回は、飛島に来たことがあってある程度詳しい方を対象に、⾶島ファンを増やしてくれるツアーガイドを募集します。

合同会社とびしまの松本さんに「とびしまワーク」のコツを伺いました。

「まずは⾶島特有のカルチャー、”濃さ”を理解して欲しいですね。⿃の種類や地層、動植物は後からでも覚えられますし、やっぱりその道の詳しいお客さんにはどうやっても敵わないですしね(笑)。⾶島に来る⽅の目的は、バードウォッチングや釣り、海⽔浴など様々ですが、やはり本⼟にはない独⾃の雰囲気を感じたくて訪れている方が多いです。そのため、ツアーガイドとしては『島特有の濃さ、ディープさ』を伝えられることが⼤事だと思っています。まずはその『濃さ』をガイド⾃⾝が理解しないとダメなんです。」

resized_1612426996_1.jpg

何から始めると「島の濃さ」を体感できますか。

やっぱり島の⼈と話すことですかね。島に来た初⽇には、島⺠の何かしらの作業を⼿伝いながら会話することが⼤事かなと思います。まずは、giveし続ける。島⺠とは家族にならないと、何も始まらないと思うんですよね。そんな蓄積があったのちに、いろいろ⾯⽩いことが聞ける。これがまた、島の⼈って⾯⽩いんですよね。濃いです。」

resized_1612425196_1.jpg

松本さんはもう島⺠から⼀⽬置かれていますよね。⾶島の⽅に信頼され始めたなと感じたエピソードはありますか?

「うーん、難しいですね…。⽅⾔のエピソードが適当でしょうか。
最初島に来たときは、⽅⾔が全然聞き取れなかったのですが、何年も住んでいると、ある程度聞き取れるようになります。そして、ある時思い⽴って、急に⽅⾔でしゃべってみたんです。島の⼈にですよ、ネイティブに対して。そしたら、『松本くんも、島の⼈になったね』と⾔ってもらえて。そこからお互い⼀気に遠慮がなくなりました。少々失礼なことを⾔っても許される雰囲気というか(笑)。島に同化すべくチャレンジする気概があれば、⾃然とお近づきになれるんだ、ということを実感しましたね。」

Giveし続けて、島に同化する。⼤切な観点ですね。(かくいう私も、島⺠の会話の1/3くらい聞き取れなかった…)
それでは最後に、ツアーガイドの仕事を検討されている皆さんへ⼀⾔お願いします。

コンビニ、スーパーはおろか、信号もない。⼈⼝も少ない。でも⾶島には、⾶島にしかない魅⼒があります。そんなことを伝えるべく、ガイドにチャレンジしてくれる⽅がいればとても嬉しいですね。そして、副産物としておいしい海鮮と、動植物に詳しくなる機会があります。お待ちしております!

合同会社とびしまコーポレートサイトはこちら

(取材:遠山祐基)

しごとパラメーター

雇用形態正社員
勤務日数週休2日制
勤務時間8:00~21:00の間で8時間
勤務地住所山形県酒田市飛島字勝浦乙132−19(飛島島内)
希望スキルコミュニケーション能力、時間管理能力
報酬能力により応相談
社会保険あり
手当-
賞与あり(年2回)
応募条件趣旨に賛同いただける方・熱意のある方
その他特になし