ストーリーズ #011

カフェ×グランピングサイト×ゲストハウス

長濱温子さん

地域:山形県山形市タイプ:自主事業内複業

山形県の東、国道286号沿いに合同会社『GLAMPiC』があります。
GLAMPiCでは、カフェ、グランピングサイト、ゲストハウスと一つの企業内で様々な事業を展開しています。
マルチな仕事を同時に運営する原動力を、経営者の長濱温子さんにお聞きしました。


実は、私には具体的にやりたい仕事はなかったんです。以前は企業に務めていましたが、就きたい仕事を選んだわけでもなかったです。 でも、人に喜んでもらえることが好きなので、誰かを喜ばせることができるならどんな仕事でもいいし、自分にできる方法ならば役に立ちたいと思っていましたので、やりがいは感じていました。」

それでも、クライアントの気持ちと会社の事情の間で板挟みになり、もどかしい思いをしてきた長濱さん。
そんな彼女の仕事観を変えたのは、趣味である海外旅行がきっかけでした。

「初めてグランドキャニオンに行った時、本当に未知の世界と言うか、今まで知らなかったことに出会えて、まだまだ知らないことがたくさんあると思ったら、ものすごくわくわくしたんです。それで、海外ボランティアの経験もあってか、海外で起業できないかと考え始めたんです。旅先のゲストハウスでの交流も楽しかったので、人と人が交流することを仕事にできないかと考えていました。」

「ただ、調べていく内に、海外での起業のハードルの高さにぶつかって、まずは国内で起業することにしました。そうしたら山形にご縁が生まれて、湧き水が出る空き物件と3000坪の山に出会って、ここなら何でもできるなって動き出しました。


そして、現在の場所でカフェを始めるのですが、飲食店経営の経験もなければ、資本が潤沢にあったわけでもありませんでした。
それでも動き出した背景には、長濱さんなりの哲学がありました。

「デメリットは考えますけど、細かいところまで事業計画を立てて、先を見据えてから動くということはほとんどないです。先が見えないことが多いですけど、この先良くなっていくなってことは感じる瞬間があるんです。直感的ですけど、良くなると思えたら動き出していますね。」

「お金がたくさんあったわけではないので、小さなことから始めました。キャンプサイトも夫や友達と一緒に少しずつ作りましたし、カフェも経営と改修が同時進行でした。始めから完璧なものを作るんじゃなくて、少しずつ成長させていけばいいかなって。きっと、作っていく過程が好きなんです。色んなことを吸収しているな、学んでいるなって充実感があるんです。それに、やっていくうちに気づくことが多くて、アイデアを思いついた、どう実現しようかなって考えるだけで楽しいですね。

resized_1626680716_1.jpg

一言に、自分の手で作る(DIY)と言ってもそう簡単ではなく、たくさんの苦労があったと想像がつきます。それでも、本当に楽しそうに話す長濱さんに、障害はなかったのかと聞くと、そこには新しい事業ゆえの壁がありました。

「グランピングサイトを開設する前に、どういった申請が必要か行政に聞いたんですが、『前例がないからお答えできません』で話が終わってしまったんです。でも、新しいことだから前例がないのは当たり前で、それを真に受けては、永遠に新しいことはできないと思いました。」

「だから、どうやったら実現できるか考えて、現状の条例ならどこまでOKか何度も確認して、ギリギリに合わせていったんです。きっと、うるさい人だなって思われたかもしれませんね(笑)今では、私たちのグランピングサイトが前例となって、追随する方たちも増えています。山形にグランピング文化が根づいて盛り上がってくれると嬉しいですね


新しいことだからわからないのは当たり前で、できることからやっていくという前向きな姿勢の長濱さんに、常に意識していることと今後の展望について伺いました。

一つのところに留まりすぎると、考えが固定化してしまうのが怖いなって思います。だから、常に新しいことをやっているのかもしれません。その延長で、色んなところに拠点を作れたらと考えています。その土地々々で、感じることも違いますし、生まれてくるアイデアも違って、それが私のモチベーションをさらに盛り上げてくれるとも思います。それで、いつかは海外で起業する夢を叶えたいですね。」

resized_1626677523_1.jpg

会社員時代とは違って、現場で喜ばれることを実践できていることが楽しいと、終始笑顔で語られた長濱さんから感じ取れるのは、GLAMPiCの仕事がライフワークになっているということです。

生活の一部になっているから、苦労もあるけれど、やりがいがあり、それが学びとなっている。何より、好きなことが地続きであるから、豊かで幸せな人生を送れているなと、これからの時代の働き方を考えさせてもらえる良い機会となりました。
(文:池田将友)

GLAMPiC公式サイトはこちら

twitter_icon.png facebook_icon.png Instagram_icon.png

しごとパラメーター

  • カフェ・グランピングサイト・ゲストハウス
  • DIY・シェアキッチン・シェアハウス

主業

副業

コンパス

コンパスとは?
  • コンパスとは 1/3

    PARASUKUでは、コーディネーターとしごとのより良いマッチングを図るため、
    マッチングの指針となる9つの要素を「コンパス」として定義。
    コーディネーターは自身のコンパス、企業はしごとのコンパスをそれぞれ作成します。

  • コンパスとは 2/3

    コンパスは3×3のマス目で表しています。
    「理由」と「理想」から成る横軸は時間軸(意味軸)、「仕事」と「相手」から成る縦軸は空間軸(関係軸)、
    四方の角はそれを補完する要素になっています。

  • コンパスとは 3/3

    しごとコンパスはしごと詳細ページで、
    コーディネーターのコンパスは相談された企業だけが見ることができます。
    個人のコンパスとしごとのコンパスを重ねて、ぜひ相性の良さそうな仕事や人材を見つけてみてください。